行ってみたい!知りたい!中国ってどんな国?

中国に関する情報の記録です。

中国どうする?トイレ

中国らしい、大らかさを如実に表したものといえば

トイレ事情です。

もともと自宅にトイレはなく、共用で使用するのが一般的だったそうです。

そんな訳で、気軽に挨拶できるコミュニティの場として、トイレの仕切りなどは、

設けられなかったのでしょうか。

「ニーハオトイレ」などと言われて、久しくなりましたが、

もはや都会では、1つ溝が切ってあるだけの、仕切りの無いトイレ

少なくなった、或いは全くお目にかかれない、のではないかと思います。

北京オリンピック(2008年)以降、改善されてきたということでしたが、

最近中国に行かれた方、いかがだったでしょうか。

 

でも農山村部はそうはいきませんよね。 

 

私が「トイレどうしよう!!」と思ったのは、

2008年に世界文化遺産に登録された「福建省土楼群」に魅せられ、

絶対行きたい!行くんだ!

と思った時のことでした。

 

福建省南西部に点在する46の土楼は、12~20世紀につくられた

漢民族客家(はっか)の伝統的な集合住宅です。

土楼は中心の広場を囲んだ競技場のような円形や方形で、外側は土壁に

なっており、基本的に出入口は1箇所で窓は少ない。

この中に最大で800人が住むことができるものもあります。

 

世界遺産になった後も、住民が住み続けている土楼もあり、

実際に宿泊する事も可能です。

見学するだけでなく、宿泊することで、生活の場としての土楼を

肌で感じる事ができるのではないかと思います。

一番見たいのが、夜に燈される土楼内の赤い提灯。

暗闇の中に、ポツポツと燈る明かりが、幻想的であり、暖かく、

一族と安心して一緒に暮らすことができる、閉ざされた空間を、

より一層感じる事ができると思います。

 

さてさて、

ここはかなりの田舎です。

だから、

トイレ事情が気になるのです!!!

f:id:china_info:20160516113158j:plain

承啓楼

 

土楼群の中に宿泊できる所もあり、どうせなら是非泊まって、

夜の幻想的な風景を味わいたいと、

いろいろ調べておりました。

要するに妄想旅行プランを立てていたわけですね(笑)。

 

トイレは、土楼の外にしか無いようでした。

土楼群の中は、においがこもるため、外に作ったのかもしれません。

ただ、豚やにわとりなどの家畜は、土楼群内で飼われていますので

どうなんでしょう??

 

土楼は、外敵の攻撃を防ぐための堅牢な要塞としての役割を果たすため、

外に通じる出入口は通常1箇所しかありません。

夜間は、そのたった一つの出入口が閉じられるため、夜に用を足すことは

不可能となります。泣。

数々の旅行体験記を拝見させて頂いていたのですが、

どうやら

マートン」という、日本で言うところの「オマル」が棚の中に設置してあり

その中に用を足し、朝に処置する(外のトイレに流す?)

という事らしいのです。涙涙。

夜トイレに行かないで済むように、水分を極力摂取しないようにするしか

なさそうです。大人用オムツを持っていくのも手ですかね・・・。

 f:id:china_info:20160516113218j:plain

承啓楼

 

 

2001年1月放送の、「世界ウルルン滞在記」で、有坂来瞳さん(当時21歳)が

貴州省黄崗村(こうこうむら)のトン族の村に1週間滞在した模様の動画を

拝見しました。

この村のトイレは川の上に設置されており、ドボン型で、川に落ちた排泄物は、

そのまま魚の餌になるという画期的な?システムでした。 

一応木の囲いはあるけれど、何せ低いので、しゃがんでいる姿は、丸見えです。

最初は「えー嘘でしょう!?」と大騒ぎした有坂さんですが、

彼女の物怖じしない、カラカラと明るく、良い意味で大雑把な性格

という事もあるのでしょうが、

すぐに慣れて、全然平気だったとか。さすがです。

何はともあれ、「やはり郷に入っては郷に従え」の精神ですね。

(現在は、もっとプライバシーが保たれるトイレも設置されたかもしれません。

何せ15年も前の情報ですので。ご了承下さい。)

 

中国人にとって「排泄」することは、「自然現象」。

何も恥ずかしいことではない、という考えは、言われてみればその通りですよね。

私には、なかなか勇気の要る事で、人前でおしりをさらす事は、

文字通り「しり込み」する事なのですが(笑)、

「案ずるより産むが易し」なのかも。

「案ずるより排泄するが易し」!!!